現地の方との会話が魅力的なAirbnb

海外旅行でどこかに宿泊するとなると、ホテルもしくはAirbnbのどちらかになるでしょう。後者のAirbnbは、いわゆる個人宅を借りるタイプになります。とりわけ一戸建て物件が非常に多いのですね。
ところでAirbnbには、触れ合いに関するメリットがあります。ホテルと違って、温かみのある触れ合いが期待できるのですね。
そもそもその物件は、個人の方が提供しているのです。ホテル業の方々による物件ではありません。
その物件の予約をする段階では、必ず電子媒体でやり取りをする事になります。独自のフォームに入力をして、電子データを送信しますと、Airbnbの物件を保有者から返事が来るのですね。その際に、その保有者とのコミュニケーションが発生します。ホテルのような事務的なやり取りではなく、本当に個人の方と接するようなやり取りになるのです。
ある意味それは、Airbnbのメリットの1つとも考えられるでしょう。そもそも私達が旅行に行く目的の1つは、現地の方々との触れ合いです。外国には多くの方々が居住していますが、その方々との意思疎通も、旅行の魅力の1つだと考えられるでしょう。
予約を取った後には、もちろんAirbnbの物件を利用する事になります。その際に、その物件のオーナーの方とのやり取りが現地で直接行われる事もあるのですね。その際に、また意思疎通が可能になる訳です。
すなわちその物件を利用しますと、現地の方との生の会話ができる訳ですね。向こうの国々の方々と会話をしたい方にとっては、上記の物件に宿泊するのはとても魅力的だと言えるでしょう。
ちなみにホテルの場合は、もちろんもっとビジネスライクになります。あくまでも淡々とした事務的なやり取りになるケースがほとんどなので、必ずしも会話を楽しめるとは限らないのですね。しかしAirbnbの場合は、高確率でオーナーの方との会話が楽しめる訳です。現地の方との温かみのある会話を希望しているならば、ホテルよりはその貸し出し物件の方が良いと思う次第です。

SNSでもご購読できます。