長期的に利益の出せる賃貸物件とは

世界中には、住んでいる人がいない空き部屋が非常に大量にあります。それらの部屋は、不動産屋に登録して賃貸者を待つことが基本ですが、そのような手続きをせずに、Airbnbに登録している部屋が増えているのです。

Airbnbは、旅行者向けに部屋を貸し出すというサービスであり、地元の賃貸物件などをメインにして、一戸建てやペンションなども借りる事ができる便利なサービスです。

本来は月極で賃貸される物件なのですが、旅行の日程により数日間単位で旅行者に貸し出すというサービスをすると、月極で貸し出すよりも多くの利益が出る可能性があります。

これも、旅行者に指示される事が前提であり、Airbnbに登録している物件で全くお客さんがつかずに逆にマイナスになってしまう可能性もあるのです。

Airbnbに登録するには家具類を一通り揃える必要があるので、急に通常の賃貸物件に切り替えるのは難しいのです。すでにすぐに住むことが出来る様な家具類や、食器、家電製品などがすべて揃っているので、これらを処分しないと賃貸物件としては使えない状態になってしまいます。

なので、安易に旅行者向けの物件として借り入れるのは問題だと言えます。長期的なビジョンでお客さんに指示されるべき物件であるのかを前もって調査する必要があります。

旅行者が人気になる物件というのは方向性が決まっていて、これまでの人気の実績をチェックしていけば、人気が出そうな部屋がどれであるか良く分かるようになります。

そのような物件を借り入れて、おしゃれな家具類で統一すると言ったやり方が有効です。その時にも、インテリアの専門誌やコーディネーターなどの助言を受けて、センスのある家具の配置や色使いなどが必要になってきます。

これらのいくつものハードルをクリアしていくことによって、Airbnbで人気となる部屋を提供していくことが可能になります。お客さんが借りた後には、メンテナンスのためにある程度の人数が必要だったりするので、多くの部屋を管理するときには、クリーニングの費用も考えるべきです。

SNSでもご購読できます。