airbnbに関する考察

Airbnbを利用してオリンピックで儲けよう!

Airbnbというサービス、だいぶ世間に浸透してきました。このサービスを用いれば家の空き部屋を提供しているだけで年に500万円以上稼ぐことだって可能なのです。宿泊する側として利用するのもとても魅力的でよいですが、ここはホストとして利用した時の経済効果、可能性について一度考えてみましょう。
なぜAirbnbのサービスについて今一度考えてみる気になったかといいますと、その背景にはオリンピックという一大イベントがあります。知っての通りオリンピックとは世界中の誰もが大注目するイベントで、そのイベントの結果もたらされる経済効果は計り知れません。世界中から多くの観光客が世界の祭典であるオリンピックを見ようと東京に押し寄せることでしょう。
当然東京のホテルは殆どが満室になることが予想されるでしょう。実際ロンドンオリンピックの時はホテルが全て満室になってしまい、コンビニや路上で寝泊まりする日本人が出たと聞きます。そして正規の宿泊施設が全て満室になることが予想されるからこそ、Airbnbというサービスにホスト側で参加する意味が出てくるのです。
オリンピックを見に行きたいけど近場の宿が全て満室だった!となった場合、あなたならどうするでしょうか?もし会場に近い住宅に快適に泊まる事ができるのであれば正規のホテルよりも少々高い値段を出してでも泊まりたいと思いませんか?そしてそれは世界中の誰しもが思っていることでもあるのです。
オリンピックを見に来る観光客というのはそれくらい金銭に余裕のある人間であるともいえます。少々高いくらいの値段であればポンと出してくれるに違いないでしょう。
私の友達にも既に何人かこの事業に手をつけようとしている人がいます。都心に住んでいて、またその気さえあれば誰でも手をつけることのできる事業ですので、興味が出た人は今すぐ着手したほうがよいでしょう。
オリンピックという一大イベントを利用して、Airbnbで一儲けしてみてはいかがでしょうか?

Airbnbによる宿泊予約は経費削減にも有効です

私は地方都市で小さな町工場を経営しています。社長などというと聞こえが良いですが、取引先や銀行との交渉は自分で行わなければなりませんし、部下の生活を支えなければなりませんから、イメージほど華やかな仕事ではありません。このところの物価高騰で、さらなる経営努力が求められるようになっていますし、賃金上昇の恩恵にあずかることもできません。ただ、幸いなことに大企業やその下請けの企業の方からの受注は増えていますから、売上は多少改善してきていますし、ネットを使うことでAirbnbのような割安のサービスを受けられるようにもなりましたから、ようやく楽になってきたという気がします。
ほかの地方都市や、東京などの大都市に出張することもあるのですが、経費は多少減らせるようになりました。というのも、格安航空会社が就航して、交通費を節約できるようになったためです。また、私が現在注目しているサービスが、宿泊予約に利用できるAirbnbです。最近ニュースで知ったのですが、時代はずいぶん便利になりましたね。
東京出張の際に大手のビジネスホテルを予約しようとしたところ、一泊だけで数万円もかかり、しかも空室がほとんどないという状況に驚かされました。その時に思い出したのが、Airbnbです。サイトで検索してみたところ、国内でサービスを提供する事業者もだいぶ増えてきたことがわかりました。都心に泊まることもできるようでしたが、さらに割安な部屋を探して、千葉県にある、都心まで1時間程度のアパートを4千円台で予約しました。電車ではニュースや仕事用の資料をスマートフォンで閲覧することが多いので、ちょうど良い距離です。
Airbnbはどちらかといえばバケーション向けのサービスというイメージがありますし、実際に私が泊まったアパートも、バックパッカーと思しき外国人の若者でいっぱいでした。ですが、外出する機会が多いビジネスユースの宿泊には、これくらいのサービスがちょうど良いと私は思います。経費削減に悩む経営者の方は、ぜひAirbnbの利用を検討してはどうでしょうか。

airbnbのメリットとデメリットについて

今回はairbnbのメリットとデメリットについて考察していこうと思います。これからairbnbを始め方は既に取り組んでいるairbnbホストは必見いかもしれません。ようやく日本でも認知度が上がってきたairbnbですが、まだまだメジャーな存在であるとは言えません。このサービスのことを法的に問題があるというような論点でインターネットでニュースになったことから初めて知った人も多いのではないでしょうか。今までインターネットのサービスではありそうで、なかったサービスでもあるので、これからに期待したいとは思います。

airbnbのサービスを簡単に言えば、airbnbというサイトは単なる仲介業者と言うことで、個人が個人にあいている部屋や家屋を有料で貸すということで、ホテルや旅館ではないのがミソです。世界的にサービスを展開しているので、世界中で探すことができますし、探せばびっくりするような安価に宿泊できることも多いでしょう。もちろん貸し出す側はお金を稼ぐことができることがメリットです。

ただし、デメリットの方もあることは想像がつきます。一番考えられるデメリットはこのairbnbのサービスは法的に問題がないのかどうかでしょう。日本国内のこともありますし、海外旅行で行った先ではその国の法律がairbnbのサービスについてどうなっているのか日本人には分かりにくいのは当たり前です。それぞれの国で営業行為をしているホテルなどがあるのですから、どう考えてみても、法的に単純の許されるものではないような気がします。それに営業行為に近い個人がairbnbを利用しておれば、法的なホテルの規制の網を抜けられそうです。それにairbnbのサービスを提供する方についてもそちら側の人間がいないことが多いですから、使い方や盗難などのトラブルがかなり出そうな気もします。保険などで補償するシステムがあると思いますが、出そうな問題の解決をしっかり示していかないといくら斬新で有益なサービスでも次第に見放されてしまうでしょう。

どう考えてもインターネットの時代にふさわしいのがairbnbのサービスであるのでデメリットをしっかりと解消して成長してほしいものです。

Airbnbの法的根拠について考察する

Airbnbは現在、世界中で爆発的に広がっているサービスです。airbnbは副業にもなるため注目され易いのでしょう。部屋を外国の人に貸すことで家賃収入を得られるわけです。airbnb掃除サービスといった代行サービスなどもあるので今後さらに伸びるかと思います。
後発企業であるAirbnbがこれほどの展開を見せているのには、後発なりの利を得たことも関係あるでしょう。今までにも民間の住居と宿泊需要をマッチングするサービスはあったのですが、Airbnbは2006年の創業で圧倒的なシェアを奪っています。
さらに日本ではAirbnbの勢いが他国以上に伸びているようです。
実は、個人で同じようなサービスをした英国人は旅館業法違反により、摘発されているのです。
それでもAirbnbのホスト登録するかたは爆発的に増えています。
旅館業法についてですが、「宿泊料を受けて人を宿泊させる営業行為について、都道府県知事の許可を受けなければならない」と定められています。上記の英国人のかたはこの許可を受けていなかったため、摘発されてしまったわけです。
しかし、Airbnbの登録しているホストのかたたちも、結局は同じことをしているわけです。ただ、今のところAirbnbの登録ホストが摘発された例はありません。
ここで問題なのはAirbnbの登録ホストのほとんどのかたが、旅館業法に定められた許可を受けていないということです。個人で営業すると摘発されるのに、Airbnbに登録しての営業では摘発されないわけです。
厳密に言うと、「営業」として行ってしまうと摘発の対象になるのですが、そこはグレーゾーンになっています。Airbnbに登録しているかたは個人で登録しているかたが圧倒的に多いため、司法当局としても全てのホストに「営業」として行っているかを確認することは現実的に不可能なのです。
また、Airbnbがアメリカの企業であることも摘発されない理由として挙げられるでしょう。
今までアメリカ発の企業で摘発された例はほとんどありません。やはり日本の司法当局としても、アメリカの意向は伺わざるを得ないわけです。その証拠に、欧州では国によってAirbnbへの対応が違います。禁止している国もあるのです。
日本では東京オリンピックを控えて祝発施設が足りない、と言った事情も理由の一つです。
以上により、Airbnbに登録するのは安全だと思って差し支えないでしょう。

Airbnb(エアビーアンドビー)について考えてみました。

Airbnb(エアビーアンドビー)というものを見聞きすることが増えてきたように思います。詳しいことはわからないのですが、旅行者が一般住宅を借りて宿泊することができるサービスのことだととらえています。ビッグイベントのようなものがあって、ホテルなどが満員で泊まることができないような場合に、Airbnb(エアビーアンドビー)を利用するなどという話が掲載されていたように記憶しています(違ったかもしれませんが)。
旅行に行ったときに、現地の人の家に泊まるというのは、その土地の文化も学ぶことができてよいと思いますし、その旅行が海外旅行ということであれば、なおさらそういう面がありますよね。その土地の人と触れ合い、その土地の人たちが食べている食事を共にしたり、生活習慣の違いを感じたりすることができるよい機会になるのではないかと思うのです。でも、Airbnb(エアビーアンドビー)の場合は、もしかしたらその辺りは少し違うのかもしれませんね。詳しく調べていないのに語っていますが、Airbnb(エアビーアンドビー)は、おそらく、使っていない部屋とか家を貸すということではないでしょうか。つまり、そこには住民がいないので、現地の人と触れ合うということはないのではないかととらえています。ちょうど留守にしているから、その間だけ人に貸そうという感じだったり、空いているアパートの部屋を遊ばせておくのももったいないから、観光客や旅行者に貸すことにしようということなのではないのでしょうか。現地の人と触れ合いたいなら、そういう宿泊先を見つければいいのでしょうし、ただ安く泊まりたいということなら、Airbnb(エアビーアンドビー)を利用するということなのだと思っています。
これだけ話題になっているということは、たくさんの人が利用しているサービスであるということなのでしょうね。Airbnb(エアビーアンドビー)のホームページを見てみると、お城やヴィラを借りることもできるなどと記載されています。お城は1,400とありますから、お値段にもよりますが、泊まれるなら泊まってみたいものです。大人数で割れば、泊まれないこともないのかもしれません。

素晴らしい体験ができるサービス

Airbnbは今までよりも海外旅行を日常生活レベルで楽しむことができる便利なサービスです。
Airbnbを利用して、一般の家に宿泊することによって、普段の現地の生活を体験することができるのは大きな魅力です。

また、現地の人たちとより密に交流できますので、とても素晴らしい体験をすることができるでしょう。
海外旅行は異文化に触れる大きな機会です。

単なる海外旅行ツアーなどでは、訪れた国の表面しか見ることができないかもしれません。
それよりもさらに一歩踏み込んだ体験ができるのも、Airbnbを利用するのは大きな魅力です。

Airbnbはウェブサービスですので、世界各地から利用することができます。
世界中を旅してみたい人にも気軽に宿泊先を決めることができて、とても便利なサービスです。

旅行の楽しみは現地の人との触れあいやその土地ならではの美味しい食べ物でしょう。
普段の旅行ではホテルの食事がメインになってしまいますので、なかなか現地の人の普段の食事を味わうことはできないかもしれません。

ガイドブックには載っていない隠れたB級グルメを発掘することができるかもしれません。
Airbnbを上手く活用すれば、さまざまな可能性を感じさせてくれます。

また、世界中の人たちに自分が住んでいる街や国の良さをもっとアピールしたい人にもAirbnbはお勧めです。
世界中からいろいろな旅行者が泊まりに来ます。

自分が住んでいる街や国を紹介するだけでなく、ゲストの住んでいる場所をしることができて、さらにワクワク感が広がっていくことでしょう。
世界中の人たちがもっと身近で気軽に交流できる機会を作ってくれるのが、Airbnbのシステムだとも言えるでしょう。

このAirbnbの素晴らしいシステムを上手く活用して、自分らしい素敵な旅を実現しましょう。
そして世界各地の人たちに心地良い宿泊先を提供して、もっと自国の良さをしってもらいましょう。

世界中の人たちとの素敵な出会いとさまざまな体験が、さらに人生を素晴らしいものにして、もっと輝いていくことでしょう。

ますます愛されるAirbnb(エアビーアンドビー)サービス

海外旅行に必要なものというのは、ガイドマップのようなもので現地の情報かもしれません。初めての旅行先ではなおさらであり、その現地情報がないとどこにいったらよいのかもわかりませんし、言葉が通じないとさらに不安になります。ですから事前にいろいろな準備をしてスマホやタブレットに情報を保存したり、本屋でガイドブックを購入したりということをするのです。そしてそこに載せられている情報からおいしいレストラン、また見どころなどを調べるのです。中にはローカルに人気のお店と紹介されているところもありますが、訪れてみるとほとんど旅行者ばかりでそのような人たちのお店になっているということがあります。本当の現地の情報は現地の人たちに聞くのが一番なのです。その点でできるのはAirbnb(エアビーアンドビー)であり、現地の家を借りることのできるサービスというものです。当然現地の人たちと接することが多くなりますし、少しメインエリアからは離れているかもしれませんが、その分現地の穴場やおいしいローカルレストランを教えてもらうことができる可能性が高いのです。

このAirbnb(エアビーアンドビー)サービスは現地の人たちの1つのビジネスであり、空いた部屋を有効活用するというものです。空いたままになってしまっているのはもったいないことであり、以前は家族の誰かが住んでいたものの、今では結婚して別の場所に引っ越ししてしまったために部屋を誰も使っていないということがあるのです。そのような部屋を旅行者に貸し出し、1週間とかあるいはそれ以上旅行者が借りることで現地の人たちは収入を得ることになりますし、旅行者としては現地の生活ができて、しかも安く宿泊ができるということで実に便利なのです。日本ではあまり聞いたことがないかもしれませんが、このAirbnb(エアビーアンドビー)は実は日本でもすでに始まっており、利用者はどんどん増えているのです。世界中に広がるネットワークで旅行者と現地の人たちとのマッチングを可能のするこのサービスはこれからますます愛されるサービスとなっていきます。

より旅行を楽しめるようにするには

旅行から帰ってくると、現地でおもしろかった内容を友人たちに話したりすることがあります。特別なレジャー施設に出かけた場合は、そこでおもしろかった内容と写真などを閲覧して話をする事ができます。

ただ、旅行の楽しみはレジャー施設でアトラクションを楽しむだけではなく、それ以外にもたくさんあります。最も感動できるのが食事です。

国が変われば使う食材がガラッと変わり、使う調味料も変わってくるので、自分の口に合う美味しいメニューがあるかどうかがポイントになってきます。そのあたりの美味しい食事を提供するお店は、旅行に行く前の段階で確認できているので、より美味しいお店を選ぶことができます。

そうなってくると、日頃自分が食べている食事よりどれだけ興味深い食事が出てくるかに意識が集中します。そのようなアトラクションを楽しんで美味しい食事を食べた後は、宿に帰ることになります。

ホテルで休むのは休憩するだけという感覚がありますが、ここでその地域独自の宿に泊まるという考え方があります。それが、Airbnbなのです。

Airbnbは、ネットで話題になってから、多くの人が利用しているサービスなのです。民宿などの宿泊施設よりも割安な価格で、一般的な住居を借りることが可能になります。

一軒家の当て物だけでなく、こぢんまりしたアパートなどを借りることも可能になっているので、とてもリーズナブルな価格で利用できます。

ただ、一人で旅行に行ったときに利用するシステムではなく、より大きな建物を借りることも可能なのです。庭付き一戸建ての広いキッチンのついた建物を借りる事によって、旅行中にお酒を飲んで、ちょっとした食事を食ったりしてパーティーをすることも可能になるのです。

そのような楽しみ方を広げてくれるのがAirbnbの良いところです。プールで遊んだり、テニスコートがついている施設を借りたりすることも可能になるので、旅行をする際には、どのような宿を借りることができるかよく考えて選ぶことです。

ネット環境がとても充実しているAirbnb

私たちが何らかの建物を利用するとなると、ネット回線の有無が大きなポイントになる事があります。
そもそもネット回線は、今や必要不可欠なものです。中にはネット回線が無いと、支障が発生してしまう方もいらっしゃるでしょう。もちろんそれは避けたいですね。
ところでホテルの中には、そのネット回線の利用が難しい所もあります。私が以前に利用していたホテルの場合は、ネット回線はありませんでした。あくまでもスマホでのネット回線が頼りだったので、ちょっと心もとないと思っていた記憶があります。意外とそのようなホテルは多いのですね。
しかし人によっては、スマホでは困ってしまう事もあるでしょう。あくまでもパソコンで作業をする事ができないと、困ってしまう方々も珍しくありません。
ところで建物の1つに、Airbnbがあります。主に観光旅行などで利用される事が多い建物なのですが、そこにネット回線があるかどうかが気になる方もいらっしゃるのですね。
結論から申し上げると、Airbnbの物件にはネット回線はあります。それもかなり充実しているのですね。前述のようにホテルの場合は必ずしもその回線が備わっているとは限りませんので、Airbnbの方がホテルよりもメリットが大きい一面もあります。
それとAirbnbの場合、パソコンを利用する事もできるのですね。なぜならそのタイプの物件の場合、たいていパソコンが完備されています。もちろんそれは、自室で利用する事ができるのですね。
そしてホテルの場合は、必ずしも自室で利用できるとは限りません。もちろん中にはネット接続が備わっているホテルもあるのですが、それがフロントだけになっているケースも珍しくないのですね。つまりマイルームでは、ネット付きのパソコンを利用できない訳です。中には自室でも利用可能なホテルもあるのですが、数は限られています。しかしAirbnbの場合は、たいていの物件にその2つが備わっている訳ですね。
つまりネット回線が充実しているのが、Airbnbの特徴の1つと言えるでしょう。

観光地よりもアウトドアを楽しむ考え方

山に登ることが趣味になってくると、山小屋に住んでみたいと思う事があります。実際は、登山をするときに中継地点の宿泊施設がありますが、そのような施設で長期間滞在することはあまり無いのです。

そのような施設は一時的な宿泊施設であり、食事を準備して楽しむような環境ではないのです。しかし、外国においては標高が高い地域で宿泊するような楽しめる施設があったりするのです。

民宿のような施設である場合もありますが、普通の山小屋の生活をする事も可能です。そのような物件を探すときには、Airbnbというサイトを利用するのです。

これは、一般的に地元の人たちが住むようなアパートなどを、旅行者に貸してくれる事が可能になっているのです。その物件は、不動産屋に登録している物件ではなく、家具などを配置してすぐに住める状態にしてAirbnbに登録してるのです。

借り受けた旅行者は、普通のホテルと同じようにリラックスして生活することができるのです。そればかりでなく、お風呂や洗濯、料理なども普通にできるので、自宅で当たり前にやっていることが旅行先でもできるという事になるのです。

なので、ロッジハウスのような環境があったり、郊外のコテージが借りることができたりと、自分のイメージした環境の建物を借りることができるのです。

最近は、Airbnbに登録されている物件も飛躍的に増えできているので、自分が希望する内容の建物を探すことは容易になっています。

旅行の際には、目的の観光地を優先するべきですが、その観光を後回しにして、生活環境を楽しむという事をメインに考えても楽しめる旅行になるはずです。

その時には現地の遊び方を堪能するべきです。スカイダイビングや、ハンティング、釣りや、スキー、スノーボードなど現地でしか楽しむ事ができないアウトドアを満喫するようにするのです。

観光地を巡る旅よりも、自分で遊ぶ方法をかんがえて行動する方が、より旅行の印象が良くなる可能性があるのです。