Airbnbのおかげで楽しい妄想がとまらない

昔から憧れていたホームステイ。海外の現地のお宅で一緒に暮らす生活。旅行とは一味違った家族的な暮らしって、かなり憧れがある。しかし、上手くやっていけるのだろうか…困る事はないのだろうか…と、心配が募るばかりで勇気がなく、結局夢で終わってしまった。そんな中、よく海外の旅行番組でゲストハウスなるものを見かける。現地の人が自分の自宅を改装し、旅人を迎えると言うシステムだ。日本ではあまり見かけないが、海外では盛んなようだ。そのようなスタイルなら、今からでも挑戦できるかもしれないと、新たな希望が湧いている。そんな話を友人にしていると、勧められたのがAirbnb(エアビーアンドビー)である。これは旅行先で、その地の家を借りられるサービスとの事。かなり興味深かったので、早速Airbnbのホームページで情報収集してみた。
Airbnbは、キャッチコピーからすると、暮らすように旅するサービスのようだ。旅行期間を長めにすれば、宿泊先のホストさんや現地の人と気軽に親しくなれそうだ。世界中に友達や家族ができる感覚が味わえるなんて、なんと素敵なのだろう。ホームステイほど気構えも必要ないので、Airbnbならチャレンジできそうだ。
憧れのパリやロンドンにも、ホストの方がたくさんいる。ホスト先の情報を見ると、魅力的な部屋や家がいっぱいある。観光案内に意欲的なホストさんの紹介を見ると、すぐにでも出掛けたくなってしまう。
昔、北海道のペンションでアルバイトした事がある。その目的は、北海道で暮らしてみたかったから。その地の人と触れ、肌感覚でその魅力を感じたかったのだ。その思惑は、充分満足できる結果を得た。地元のスナックに連れて行ってもらい、思い切り生活感も感じられた。旅行者が知らないような温泉にも連れて行ってもらった。本当に貴重な体験ができたのだ。Airbnbを利用すれば、海外の憧れの場所で暮らすような感覚が味わえるであろう。北海道で感じたように、肌感覚でその地を体験できそうだ。昨年、アジア方面の海外旅行をしたが、Airbnbの事をまだ知らなかった。今度こそAirbnbで夢を実現しようと、楽しい妄想がとまらない。

SNSでもご購読できます。