Airbnbというサービス、だいぶ世間に浸透してきました。このサービスを用いれば家の空き部屋を提供しているだけで年に500万円以上稼ぐことだって可能なのです。宿泊する側として利用するのもとても魅力的でよいですが、ここはホストとして利用した時の経済効果、可能性について一度考えてみましょう。
なぜAirbnbのサービスについて今一度考えてみる気になったかといいますと、その背景にはオリンピックという一大イベントがあります。知っての通りオリンピックとは世界中の誰もが大注目するイベントで、そのイベントの結果もたらされる経済効果は計り知れません。世界中から多くの観光客が世界の祭典であるオリンピックを見ようと東京に押し寄せることでしょう。
当然東京のホテルは殆どが満室になることが予想されるでしょう。実際ロンドンオリンピックの時はホテルが全て満室になってしまい、コンビニや路上で寝泊まりする日本人が出たと聞きます。そして正規の宿泊施設が全て満室になることが予想されるからこそ、Airbnbというサービスにホスト側で参加する意味が出てくるのです。
オリンピックを見に行きたいけど近場の宿が全て満室だった!となった場合、あなたならどうするでしょうか?もし会場に近い住宅に快適に泊まる事ができるのであれば正規のホテルよりも少々高い値段を出してでも泊まりたいと思いませんか?そしてそれは世界中の誰しもが思っていることでもあるのです。
オリンピックを見に来る観光客というのはそれくらい金銭に余裕のある人間であるともいえます。少々高いくらいの値段であればポンと出してくれるに違いないでしょう。
私の友達にも既に何人かこの事業に手をつけようとしている人がいます。都心に住んでいて、またその気さえあれば誰でも手をつけることのできる事業ですので、興味が出た人は今すぐ着手したほうがよいでしょう。
オリンピックという一大イベントを利用して、Airbnbで一儲けしてみてはいかがでしょうか?