最新情報

2016年4月3日
私のairbnb体験談
もし次海外に行くことがあればAirbnbを利用してみたい!
2016年3月3日
airbnbに関する考察
Airbnbを利用してオリンピックで儲けよう!
2016年2月3日
airbnbに関する考察
Airbnbによる宿泊予約は経費削減にも有効です
2016年1月23日
airbnbで借りれる素敵なrooms
airbnbで気を付けるべきこと
2015年12月2日
airbnbとは何か
ニューヨーカーな気分で泊まれる宿が多いエアビーアンドビー

もし次海外に行くことがあればAirbnbを利用してみたい!

この間初めての海外旅行に家族と行ってきました。家族全員が初めての海外ということもあって、ツアーを組み、通訳をつけた上での参加となりました。ツアーの方々のバックアップもあって、大変快適で楽しく、ステキな思い出にすることができた今回の海外旅行でしたが、多少刺激が少なかったかなと思ってしまうのも事実です。海外旅行に何を求めるかというのは人によって勿論違ってきますが、私の場合はどうやら快適さでは無かったようです。今回は家族で行くということでしたので、これでよかったかとも思いますが、次行くときは少々刺激的な海外旅行にしてみたいです。
さて、刺激的な海外旅行というものは一体どういったものなのか?人によって思うことは違うかと思いますが、私の場合は””次を予測することの出来ない旅行””であると思っています。
ツアーを組んで行く場合、次の予定でギッチリとスケジュールが組まれているのでなかなか想定外の事実というものが起きません。海外旅行において想定外の事実というのは極力起こってほしくないものであると同時に、多少あったほうがよい、いわばスパイスのようなものであるといえるのです。
そのスパイスの量によって、海外旅行が刺激的なものであるかどうか、決まってくるといえるでしょう。もしも私が次に一人で海外へ行く機会があった場合、一つどうしても利用してみたいサービスというものがあります。それはAirbnbというサービスで、現地の人の家に泊まることが出来、また交流も取ることが出来るという、海外旅行にスパイスを求める私のために存在するといっても過言ではないサービスなのです。無いかと思いますが、もしかしたらそのホストの方と甘い恋心が芽生えるかもしれませんし、そのまま国際結婚に発展するかもしれません。
私の場合は妻子がいますのでありませんが、そういった可能性を含んでいるステキなサービスであるといえるでしょう。
刺激的な海外旅行を求めるのであればAirbnb、利用しない手はありませんよ。

Airbnbを利用してオリンピックで儲けよう!

Airbnbというサービス、だいぶ世間に浸透してきました。このサービスを用いれば家の空き部屋を提供しているだけで年に500万円以上稼ぐことだって可能なのです。宿泊する側として利用するのもとても魅力的でよいですが、ここはホストとして利用した時の経済効果、可能性について一度考えてみましょう。
なぜAirbnbのサービスについて今一度考えてみる気になったかといいますと、その背景にはオリンピックという一大イベントがあります。知っての通りオリンピックとは世界中の誰もが大注目するイベントで、そのイベントの結果もたらされる経済効果は計り知れません。世界中から多くの観光客が世界の祭典であるオリンピックを見ようと東京に押し寄せることでしょう。
当然東京のホテルは殆どが満室になることが予想されるでしょう。実際ロンドンオリンピックの時はホテルが全て満室になってしまい、コンビニや路上で寝泊まりする日本人が出たと聞きます。そして正規の宿泊施設が全て満室になることが予想されるからこそ、Airbnbというサービスにホスト側で参加する意味が出てくるのです。
オリンピックを見に行きたいけど近場の宿が全て満室だった!となった場合、あなたならどうするでしょうか?もし会場に近い住宅に快適に泊まる事ができるのであれば正規のホテルよりも少々高い値段を出してでも泊まりたいと思いませんか?そしてそれは世界中の誰しもが思っていることでもあるのです。
オリンピックを見に来る観光客というのはそれくらい金銭に余裕のある人間であるともいえます。少々高いくらいの値段であればポンと出してくれるに違いないでしょう。
私の友達にも既に何人かこの事業に手をつけようとしている人がいます。都心に住んでいて、またその気さえあれば誰でも手をつけることのできる事業ですので、興味が出た人は今すぐ着手したほうがよいでしょう。
オリンピックという一大イベントを利用して、Airbnbで一儲けしてみてはいかがでしょうか?

Airbnbによる宿泊予約は経費削減にも有効です

私は地方都市で小さな町工場を経営しています。社長などというと聞こえが良いですが、取引先や銀行との交渉は自分で行わなければなりませんし、部下の生活を支えなければなりませんから、イメージほど華やかな仕事ではありません。このところの物価高騰で、さらなる経営努力が求められるようになっていますし、賃金上昇の恩恵にあずかることもできません。ただ、幸いなことに大企業やその下請けの企業の方からの受注は増えていますから、売上は多少改善してきていますし、ネットを使うことでAirbnbのような割安のサービスを受けられるようにもなりましたから、ようやく楽になってきたという気がします。
ほかの地方都市や、東京などの大都市に出張することもあるのですが、経費は多少減らせるようになりました。というのも、格安航空会社が就航して、交通費を節約できるようになったためです。また、私が現在注目しているサービスが、宿泊予約に利用できるAirbnbです。最近ニュースで知ったのですが、時代はずいぶん便利になりましたね。
東京出張の際に大手のビジネスホテルを予約しようとしたところ、一泊だけで数万円もかかり、しかも空室がほとんどないという状況に驚かされました。その時に思い出したのが、Airbnbです。サイトで検索してみたところ、国内でサービスを提供する事業者もだいぶ増えてきたことがわかりました。都心に泊まることもできるようでしたが、さらに割安な部屋を探して、千葉県にある、都心まで1時間程度のアパートを4千円台で予約しました。電車ではニュースや仕事用の資料をスマートフォンで閲覧することが多いので、ちょうど良い距離です。
Airbnbはどちらかといえばバケーション向けのサービスというイメージがありますし、実際に私が泊まったアパートも、バックパッカーと思しき外国人の若者でいっぱいでした。ですが、外出する機会が多いビジネスユースの宿泊には、これくらいのサービスがちょうど良いと私は思います。経費削減に悩む経営者の方は、ぜひAirbnbの利用を検討してはどうでしょうか。

airbnbで気を付けるべきこと

airbnbを利用しようと考えている人も多いと思います。本日はairbnbの物件について考察をしてみました。airbnb物件には気を付けなければいけない点がいくつかあります。まず、こうしたairbnbですが、さまざまなことに気を付けなければいけません。たとえば、こうしたairbnbですが、日本国内で利用しようと考える場合、外国人の利用者が多い地域でないと、なかなか借り手がつかないという可能性があるようです。

たとえば、物件を所有していたとしても、その物件の場所が、住宅地のなかであったり、また観光地から遠かったり、アクセスなどが不便だった場合にはいくら良い物件でも借り手などがつかない場合があります。ですので、こうした家などを貸す場合は、アクセスが良く、また観光地に近くないといけないのですね。

しかし、なかなかこんなベストな条件の土地を持っている人は少ないと思います。また、こうしたairbnbを逆に海外で利用する場合には、しっかりと条件などを見ておくことが大切です。たとえば、こうしたairbnbでのホスト側は、さまざまなルールなどを設定しておくことができるとされています。ですので、こうしたairbnbですが、さまざまなルールなどをしっかりと守っておき、そして迷惑のないように利用することが必要となります。

また、こちらのサイトは、海外のサイトになりますので、日本語でも見ることができますが、英語で契約案件を観なければいけない部分もあります。ですので、英語が分からなければ厳しい所もありますので、こうしたことも注意が必要となります。英語が苦手な人は、やめておいたほうがいいかもしれません。また、物件を借りる際にも、しっかりと選ぶことが必要ですし、アクセスの良さ等を考えて選ぶことが必要です。折角借りたのにもかかわらず、場所が分からなかったりする場合などはとても困りますよ。

ニューヨーカーな気分で泊まれる宿が多いエアビーアンドビー

エアビーアンドビーは、有数の都市にもたくさんの宿が登録しています。ニューヨークには、実に1000件ものホストがおり、8,000円前後のリーズナブルな宿泊料金で利用できる部屋が多いのが魅力的です。エアビーアンドビーは嬉しいことに、洗濯機も使えるところもあり、旅で汚れた服を綺麗に洗っては、快適に着れるのも嬉しいところです。

ニューヨークのこれらの部屋からは、魅力あるマンハッタンや高層ビルなどの夜景なども楽しめる所もあり、実にロマンチックな景色を寝ながらにして楽しむことができるのです。又、連泊すれば、ランチをその景色を見ながら食べることができたり、近くの公園をウォーキングしては楽しむということもできます。ちょっとしたニューヨーカーな気分になれるのがエアビーアンドビーの楽しみ方でもあります。

電子レンジやミキサー、鍋からキッチン用品まで取り揃えてありますから、食材は買ってきて料理を楽しんだり、ゲーム機などもあるので、テレビでゲームを楽しんだり、映画や音楽まで楽しめる部屋も借りることができるニューヨークです。

ニューヨークの部屋は実にハイセンスで格好良い寝具や家具に囲まれている部屋が多いのが特徴的です。まるまる貸し切りができる所も多く、都会にいながら屋上で水着で日光浴を楽しめたり、広いフィットネスジムで汗を流すことも可能なホストお勧めの部屋も展開しています。

ディスクとチェア、ベッドなども付いている素敵な部屋が6,000円台から泊まれる部屋も多くあるのも特徴的です。ビジネスホテルよりも温かみがあり、自分の部屋のような気分で楽しく泊まれるのも嬉しいところです。

ブルックリンでランチやディナーを食べるのもよし、アッパー湾を手を繋いで歩くのもよし、ミュージカルを楽しんだりと色々なことができるニューヨークは、何泊しても飽きさせない魅力があります。

部屋の壁にユニークな絵画が描かれている部屋や、重厚なレンガの壁がモダンな部屋には花が美しく飾られています。ブルックリンの夕日を楽しみながらワインを飲むという泊まり方もできるニューヨークのエアビーアンドビーです。

airbnbのメリットとデメリットについて

今回はairbnbのメリットとデメリットについて考察していこうと思います。これからairbnbを始め方は既に取り組んでいるairbnbホストは必見いかもしれません。ようやく日本でも認知度が上がってきたairbnbですが、まだまだメジャーな存在であるとは言えません。このサービスのことを法的に問題があるというような論点でインターネットでニュースになったことから初めて知った人も多いのではないでしょうか。今までインターネットのサービスではありそうで、なかったサービスでもあるので、これからに期待したいとは思います。

airbnbのサービスを簡単に言えば、airbnbというサイトは単なる仲介業者と言うことで、個人が個人にあいている部屋や家屋を有料で貸すということで、ホテルや旅館ではないのがミソです。世界的にサービスを展開しているので、世界中で探すことができますし、探せばびっくりするような安価に宿泊できることも多いでしょう。もちろん貸し出す側はお金を稼ぐことができることがメリットです。

ただし、デメリットの方もあることは想像がつきます。一番考えられるデメリットはこのairbnbのサービスは法的に問題がないのかどうかでしょう。日本国内のこともありますし、海外旅行で行った先ではその国の法律がairbnbのサービスについてどうなっているのか日本人には分かりにくいのは当たり前です。それぞれの国で営業行為をしているホテルなどがあるのですから、どう考えてみても、法的に単純の許されるものではないような気がします。それに営業行為に近い個人がairbnbを利用しておれば、法的なホテルの規制の網を抜けられそうです。それにairbnbのサービスを提供する方についてもそちら側の人間がいないことが多いですから、使い方や盗難などのトラブルがかなり出そうな気もします。保険などで補償するシステムがあると思いますが、出そうな問題の解決をしっかり示していかないといくら斬新で有益なサービスでも次第に見放されてしまうでしょう。

どう考えてもインターネットの時代にふさわしいのがairbnbのサービスであるのでデメリットをしっかりと解消して成長してほしいものです。

とてもスペックが高いある東南アジアのAirbnbの物件

最近私は、とても格安なAirbnbの物件を見つけました。東南アジアにある物件の1つですね。
その物件の特色ですが、とにかく内装が綺麗です。少なくとも現在私が居住している住宅に比べれば、遥かに綺麗なのは確実ですね。
しかもその物件の内部は、とても広々としているのです。私が居住している住宅の、およそ4倍近くになっているのではないでしょうか。写真だけで推理しても、相当な面積を誇っていると思います。
そして何よりも、料金がとてもリーズナブルですね。その物件に居住する時の1泊あたりの料金は、2,000円以下になります。
日本国内のホテルに宿泊するとなると、1泊の料金は3,000円以上になってしまう事もあるでしょう。3,000円ならばリーズナブルな方ですが、4,000円台や5,000円台のビジネスホテルも多く見られます。それに比べれば半分近い値段で宿泊する事ができる訳ですから、相当な破格である事は確実でしょう。
しかもそのAirbnbの物件は、アメニティー設備なども非常に充実しています。エアコンはもちろん備わっていますし、洗濯機や駐車場まで備わっているのですね。
特に駐車場は秀逸だと思います。最近の日本のマンション物件では、なかなか駐車場を借りれない事も多いですね。余りにも倍率が高すぎるからです。しかしそのAirbnbの物件の場合は、無料で借りる事ができる訳です。
こうして見てみますと、上記の物件のスペックは相当高いですね。日本の各物件と比較をしても、相当良い住宅だと考えて良いでしょう。
ただそれには1つポイントがあって、実はそれはシェア物件なのですね。他の方々と一緒に、居住区間を共有する事になります。
ですがそれは、一部の方々にとっては大きなメリットの1つでもあるのです。見知らぬ方と接触をする事により、思わぬ刺激を受けられるケースも、決して珍しくないからです。
このような事を考慮すれば、Airbnbの物件は非常に魅力的だと思います。もしも海外に滞在したいと思うのであれば、恐らく私はその物件を利用すると思う次第です。

Airbnbを海外出張で活用する理由

ビジネスマンの方々は、海外に足を運ぶケースも大変多いです。外国の会社との密接なコネがある場合は、海外に出張するケースも多々あります。向こうの国で、作業や打ち合わせなどを行うケースも決して珍しくありませんね。
ちなみに私の親戚の1人も、よく海外に出張しています。親戚の場合は物を作る仕事をしているのですが、最近はヨーロッパ諸国に出かけているのです。色々と大変なようですが、その反面向こうの国々の雰囲気なども満喫しているようですね。本人は、何だかんだ楽しんでいるのでしょう。
ところで海外出張に行くとなると、費用は大きなポイントになります。というのも海外出張では、日数が少ない事も多々あるのですね。数週間や数ヶ月の出張になるケースもありますが、基本的には短期の宿泊になるケースが多いです。
このため海外出張では、よくビジネスホテルが利用されます。なぜならそのタイプのホテルは、料金が比較的リーズナブルになっているからです。
思えば会社にとっては、経費の問題は決して軽視できませんね。宿泊料金なども馬鹿にならないので、できるだけそれを抑えたいと思う会社も多いのです。
それでビジネスホテルが活用されるケースが大変多い訳ですが、ここ最近はAirbnbの物件が活用されるケースも増えてきています。Airbnbは、いわゆる個人の方による貸し出しサービスです。現地の方々は、たまに法人に対してオフィス空間などを貸し出しているのですね。もちろん宿泊用の施設なども、貸し出してくれます。
そのタイプの物件には、費用に関するメリットがあるのです。ビジネスホテルなどは比較的リーズナブルですが、Airbnbの物件によってはそれよりも遥かに料金が低めになっている事もあります。ですのでリーズナブルな料金での海外出張を望む方にとっては、Airbnbはメリットが大きいのではないでしょうか。
またAirbnbでは、ビジネス用の設備なども非常に充実しています。WiFiや無料駐車場などもあるので、出張には最適な物件の1つだと思う次第です。

Airbnbの法的根拠について考察する

Airbnbは現在、世界中で爆発的に広がっているサービスです。airbnbは副業にもなるため注目され易いのでしょう。部屋を外国の人に貸すことで家賃収入を得られるわけです。airbnb掃除サービスといった代行サービスなどもあるので今後さらに伸びるかと思います。
後発企業であるAirbnbがこれほどの展開を見せているのには、後発なりの利を得たことも関係あるでしょう。今までにも民間の住居と宿泊需要をマッチングするサービスはあったのですが、Airbnbは2006年の創業で圧倒的なシェアを奪っています。
さらに日本ではAirbnbの勢いが他国以上に伸びているようです。
実は、個人で同じようなサービスをした英国人は旅館業法違反により、摘発されているのです。
それでもAirbnbのホスト登録するかたは爆発的に増えています。
旅館業法についてですが、「宿泊料を受けて人を宿泊させる営業行為について、都道府県知事の許可を受けなければならない」と定められています。上記の英国人のかたはこの許可を受けていなかったため、摘発されてしまったわけです。
しかし、Airbnbの登録しているホストのかたたちも、結局は同じことをしているわけです。ただ、今のところAirbnbの登録ホストが摘発された例はありません。
ここで問題なのはAirbnbの登録ホストのほとんどのかたが、旅館業法に定められた許可を受けていないということです。個人で営業すると摘発されるのに、Airbnbに登録しての営業では摘発されないわけです。
厳密に言うと、「営業」として行ってしまうと摘発の対象になるのですが、そこはグレーゾーンになっています。Airbnbに登録しているかたは個人で登録しているかたが圧倒的に多いため、司法当局としても全てのホストに「営業」として行っているかを確認することは現実的に不可能なのです。
また、Airbnbがアメリカの企業であることも摘発されない理由として挙げられるでしょう。
今までアメリカ発の企業で摘発された例はほとんどありません。やはり日本の司法当局としても、アメリカの意向は伺わざるを得ないわけです。その証拠に、欧州では国によってAirbnbへの対応が違います。禁止している国もあるのです。
日本では東京オリンピックを控えて祝発施設が足りない、と言った事情も理由の一つです。
以上により、Airbnbに登録するのは安全だと思って差し支えないでしょう。

現地の方との会話が魅力的なAirbnb

海外旅行でどこかに宿泊するとなると、ホテルもしくはAirbnbのどちらかになるでしょう。後者のAirbnbは、いわゆる個人宅を借りるタイプになります。とりわけ一戸建て物件が非常に多いのですね。
ところでAirbnbには、触れ合いに関するメリットがあります。ホテルと違って、温かみのある触れ合いが期待できるのですね。
そもそもその物件は、個人の方が提供しているのです。ホテル業の方々による物件ではありません。
その物件の予約をする段階では、必ず電子媒体でやり取りをする事になります。独自のフォームに入力をして、電子データを送信しますと、Airbnbの物件を保有者から返事が来るのですね。その際に、その保有者とのコミュニケーションが発生します。ホテルのような事務的なやり取りではなく、本当に個人の方と接するようなやり取りになるのです。
ある意味それは、Airbnbのメリットの1つとも考えられるでしょう。そもそも私達が旅行に行く目的の1つは、現地の方々との触れ合いです。外国には多くの方々が居住していますが、その方々との意思疎通も、旅行の魅力の1つだと考えられるでしょう。
予約を取った後には、もちろんAirbnbの物件を利用する事になります。その際に、その物件のオーナーの方とのやり取りが現地で直接行われる事もあるのですね。その際に、また意思疎通が可能になる訳です。
すなわちその物件を利用しますと、現地の方との生の会話ができる訳ですね。向こうの国々の方々と会話をしたい方にとっては、上記の物件に宿泊するのはとても魅力的だと言えるでしょう。
ちなみにホテルの場合は、もちろんもっとビジネスライクになります。あくまでも淡々とした事務的なやり取りになるケースがほとんどなので、必ずしも会話を楽しめるとは限らないのですね。しかしAirbnbの場合は、高確率でオーナーの方との会話が楽しめる訳です。現地の方との温かみのある会話を希望しているならば、ホテルよりはその貸し出し物件の方が良いと思う次第です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ