最新情報

2015年8月31日
airbnbで借りれる素敵なrooms
Airbnb(エアビーアンドビー)のサービス内容について
2015年8月28日
airbnbに関する考察
より旅行を楽しめるようにするには
2015年8月25日
airbnbに関する考察
ネット環境がとても充実しているAirbnb
2015年8月22日
airbnbに関する考察
観光地よりもアウトドアを楽しむ考え方
2015年8月19日
airbnbに関する考察
将来的に安く借りることができる事

Airbnb(エアビーアンドビー)のサービス内容について

Airbnb(エアビーアンドビー)についてですが、こちらは本当に画期的なサービスとなっています。
まず、こちらのAirbnb(エアビーアンドビー)ですが、世界中で住居を借りることができるサービスとなっています。
ですので、例えば、ホテルなどの旅行に飽きたという人だったり、現地の生活などを体験してみたい人や、また費用などをとにかく押さえたいという人にお勧めとなっています。
こちらのサービスですが、とても人気となっていて、バックパッカーの人なんかに人気の様です。
ですので、借りたい場合は、その国のホストを探し、そして借りるところがあるかどうか調べることが必要です。
こちらは、インターネットで利用できますので、日本に居ながら申し込みができます。
また、さらには、こちらは英語が出来なくても日本語サイトがありますので、大丈夫です。
こちらの、Airbnb(エアビーアンドビー)は、本当に人気となっているんですね。
しかし、こちらのサイトでは、まだ日本では浸透していないという現状です。
日本では、旅館を提供する場合には、法律がありますので、こうしたシステムは、違法なのではないか、と言う問題点などがありますし、また見知らぬ外国人を泊めることで、トラブルとなってしまったりするリスクをおさえるため、こうしたものがまだあまり普及していないというのが現状です。
しかし、こちらが提供するのではなく、借りる場合などは、それほど心配はいりませんし、なにかあっても、Airbnb(エアビーアンドビー)が保証をしてくれるということになりますので、全く問題はありません。
こうしたサービスを利用するのは、どういった人が多いのか、というと、やはりこうした旅行が好きなひとだったり、あるいは旅慣れている人が多いようですね。
旅慣れている人は、こうしたサービスがとても好きで、快適に使えるし、費用などもとても安くで泊まることが出来たり、現地の文化を知ることが出来て、楽しめるのです。

より旅行を楽しめるようにするには

旅行から帰ってくると、現地でおもしろかった内容を友人たちに話したりすることがあります。特別なレジャー施設に出かけた場合は、そこでおもしろかった内容と写真などを閲覧して話をする事ができます。

ただ、旅行の楽しみはレジャー施設でアトラクションを楽しむだけではなく、それ以外にもたくさんあります。最も感動できるのが食事です。

国が変われば使う食材がガラッと変わり、使う調味料も変わってくるので、自分の口に合う美味しいメニューがあるかどうかがポイントになってきます。そのあたりの美味しい食事を提供するお店は、旅行に行く前の段階で確認できているので、より美味しいお店を選ぶことができます。

そうなってくると、日頃自分が食べている食事よりどれだけ興味深い食事が出てくるかに意識が集中します。そのようなアトラクションを楽しんで美味しい食事を食べた後は、宿に帰ることになります。

ホテルで休むのは休憩するだけという感覚がありますが、ここでその地域独自の宿に泊まるという考え方があります。それが、Airbnbなのです。

Airbnbは、ネットで話題になってから、多くの人が利用しているサービスなのです。民宿などの宿泊施設よりも割安な価格で、一般的な住居を借りることが可能になります。

一軒家の当て物だけでなく、こぢんまりしたアパートなどを借りることも可能になっているので、とてもリーズナブルな価格で利用できます。

ただ、一人で旅行に行ったときに利用するシステムではなく、より大きな建物を借りることも可能なのです。庭付き一戸建ての広いキッチンのついた建物を借りる事によって、旅行中にお酒を飲んで、ちょっとした食事を食ったりしてパーティーをすることも可能になるのです。

そのような楽しみ方を広げてくれるのがAirbnbの良いところです。プールで遊んだり、テニスコートがついている施設を借りたりすることも可能になるので、旅行をする際には、どのような宿を借りることができるかよく考えて選ぶことです。

ネット環境がとても充実しているAirbnb

私たちが何らかの建物を利用するとなると、ネット回線の有無が大きなポイントになる事があります。
そもそもネット回線は、今や必要不可欠なものです。中にはネット回線が無いと、支障が発生してしまう方もいらっしゃるでしょう。もちろんそれは避けたいですね。
ところでホテルの中には、そのネット回線の利用が難しい所もあります。私が以前に利用していたホテルの場合は、ネット回線はありませんでした。あくまでもスマホでのネット回線が頼りだったので、ちょっと心もとないと思っていた記憶があります。意外とそのようなホテルは多いのですね。
しかし人によっては、スマホでは困ってしまう事もあるでしょう。あくまでもパソコンで作業をする事ができないと、困ってしまう方々も珍しくありません。
ところで建物の1つに、Airbnbがあります。主に観光旅行などで利用される事が多い建物なのですが、そこにネット回線があるかどうかが気になる方もいらっしゃるのですね。
結論から申し上げると、Airbnbの物件にはネット回線はあります。それもかなり充実しているのですね。前述のようにホテルの場合は必ずしもその回線が備わっているとは限りませんので、Airbnbの方がホテルよりもメリットが大きい一面もあります。
それとAirbnbの場合、パソコンを利用する事もできるのですね。なぜならそのタイプの物件の場合、たいていパソコンが完備されています。もちろんそれは、自室で利用する事ができるのですね。
そしてホテルの場合は、必ずしも自室で利用できるとは限りません。もちろん中にはネット接続が備わっているホテルもあるのですが、それがフロントだけになっているケースも珍しくないのですね。つまりマイルームでは、ネット付きのパソコンを利用できない訳です。中には自室でも利用可能なホテルもあるのですが、数は限られています。しかしAirbnbの場合は、たいていの物件にその2つが備わっている訳ですね。
つまりネット回線が充実しているのが、Airbnbの特徴の1つと言えるでしょう。

観光地よりもアウトドアを楽しむ考え方

山に登ることが趣味になってくると、山小屋に住んでみたいと思う事があります。実際は、登山をするときに中継地点の宿泊施設がありますが、そのような施設で長期間滞在することはあまり無いのです。

そのような施設は一時的な宿泊施設であり、食事を準備して楽しむような環境ではないのです。しかし、外国においては標高が高い地域で宿泊するような楽しめる施設があったりするのです。

民宿のような施設である場合もありますが、普通の山小屋の生活をする事も可能です。そのような物件を探すときには、Airbnbというサイトを利用するのです。

これは、一般的に地元の人たちが住むようなアパートなどを、旅行者に貸してくれる事が可能になっているのです。その物件は、不動産屋に登録している物件ではなく、家具などを配置してすぐに住める状態にしてAirbnbに登録してるのです。

借り受けた旅行者は、普通のホテルと同じようにリラックスして生活することができるのです。そればかりでなく、お風呂や洗濯、料理なども普通にできるので、自宅で当たり前にやっていることが旅行先でもできるという事になるのです。

なので、ロッジハウスのような環境があったり、郊外のコテージが借りることができたりと、自分のイメージした環境の建物を借りることができるのです。

最近は、Airbnbに登録されている物件も飛躍的に増えできているので、自分が希望する内容の建物を探すことは容易になっています。

旅行の際には、目的の観光地を優先するべきですが、その観光を後回しにして、生活環境を楽しむという事をメインに考えても楽しめる旅行になるはずです。

その時には現地の遊び方を堪能するべきです。スカイダイビングや、ハンティング、釣りや、スキー、スノーボードなど現地でしか楽しむ事ができないアウトドアを満喫するようにするのです。

観光地を巡る旅よりも、自分で遊ぶ方法をかんがえて行動する方が、より旅行の印象が良くなる可能性があるのです。

将来的に安く借りることができる事

旅の楽しみは、現地でどれだけいつもの文化と違った内容を満喫するかによります。なので、その地域でしか見る事ができないような景色を見てみたいし、人たちとふれ合う事も旅の楽しみとなります。

そして、食事を楽しんで行く事が旅行の醍醐味でもあります。そのような旅行の楽しさに、もう一つ加える事ができるのです。それが、地域の食材を調達して調理して楽しむ方法です。

これは、ホテルに宿泊しているとなかなかできない方法なので、Airbnbというサービスを利用するのです。これは、現地の人が所有している物件を、旅行者に期間限定で貸し付けるという方法にあります。

旅行者は、サイトに登録して、現在借りる事ができる物件を検索して絞り込むことができるのです。Airbnbはかなりのスピードで人気が加速してきているので、対応できる物件の数も相当に増えてきました。

そして、すでに利用したことのあるお客さんが、利用したレビューなどをブログにアップすると、その内容が拡散されていき、旅行の新しいスタイルだと認識されるようになっていくのです。

旅行が好きな人は、Airbnbを知っているのですが、まだまだ内容が分からない人が多いので、これから更に大きなブームになる可能性があります。

実際に利用した人の感想は、好感度持ってる人ばかりであり現地の宿泊施設のオーナーとトラブルになったような人はほとんどいないことが分かります。

そのような状況は、利用した人のレビューを見れば分かるのです。その情報も逐一アップロードされて情報が集まっていくので、自分で物件を選ぶときの指標にすることができるのです。

サービスの利用頻度が高まってくれば、サービスの質も安定してきて、利用者のレビューも良い内容ばかりになっていくはずです。そして、人気が高まっていくことによって、登録している物件数も増えてきて、価格競争が生まれてくることが考えられます。

近い地域において同じような価格の物件が増えてくると、必然的に旅行者は安く借りることができる宿泊施設を探さずです。

セビリア観光でAirbnbのご夫婦のおもてなしに感動

私は1人旅が好きで、年に1回は休みを取ってバックパッカーで海外に行きます。
今回はスペインのセビリアに行きました。

1人旅の宿泊でいつも便利だなと思うのはAirbnbというサービスです。
一般の方が自宅の1室を提供してくれて、宿泊代はホテルの半額以下です。
Airbnbを扱うサイトでホストの人とメールでやりとりをして予約を取ります。
今回のお宅は市街の真ん中で便利なところにあり決めました。
セビリアに泊まるのは5泊。
基本、遠くに行ってもその日のうちには部屋に帰って来る予定です。

セビリアに着くと待ち合わせ場所の自宅の最寄り駅に向かいます。
待ち合わせ場所で相手の写真を見ながら、探していくと声をかけられました。
日本人なのでわかりやすかったようです。
彼は45歳のSさん。
ご夫婦で住んでいるそうです。
自宅に着くと奥さんが迎えてくれました。
子供が進学で家を出たので、空きの部屋を貸し出しているそう。
さっそく部屋に案内されると10畳以上の広い部屋で過ごしやすそうです。

夜の到着だったのもあり、最初の夜はご夫婦と一緒に食事をいただきました。
奥さんのセビリアの郷土料理を振る舞ってもらって、さっそくスペインに来たなぁという実感が湧きました。
ご夫婦は京都に一度旅行に行ったことがあるそうです。
そこから和風の飾りにハマり、いろんな置き物を集めているそうです。
リビングにもこけしや人形が飾ってあって、和洋折衷の部屋が面白かったです。

翌日は1日観光ツアーに参加しました。
サンタ・クルス街の趣のある建物を見ると、観光で回ってよかったと思いました。
セビリア自体観光スポットが多くて、ツアーで参加する観光地をひと通り体験できて大満足です。
2泊目以降はSさんご夫婦におすすめのお店を聞いて食べあるきを楽しみました。
特にこの土地のパエリアは絶品で、日本で食べていたパエリアはなんだったんだろうという感じでした。

セビリアの5日はあっという間に過ぎ、Sさんご夫婦とも名残惜しいですがお別れです。
今回はSさんの歓迎を受け、セビリアを満喫できました。

サンフランシスコのAirbnbで素敵なご夫婦と出会えました

私は海外に1人旅が大好きで、年に1度はまとまった休みを取ってバックパッカーで旅行に行きます。

今回の旅行はアメリカのサンフランシスコで3泊5日の弾丸旅行です。
宿泊先はAirbnbという一般の人の自宅に宿泊させてくれるサービスで探しています。
事前にネットで調べてホスト(提供者)の人と英語でやりとりをして部屋を探します。
広くて安い部屋が見つかって、予約できました。
宿泊代も平均的なホテルの半額程度で済みました。

サンフランシスコの空港に着くと、まずホストの人の指定した駅まで電車で移動しました。
自宅までは複雑とのことで、最寄り駅を待ち合わせ場所にしました。
顔写真は交換していたので探していると、50代のご夫婦が2人で迎えてくれました。
自宅に行って改めて2人に自己紹介します。
SさんとFさんご夫婦。お年は2人とも53歳だそうです。
お子さんが結婚して家を出たので、部屋を貸し出すようになったそうです。
さっそく15畳ほどの広い部屋に案内されました。
十分長期ステイも可能な大きな部屋でした。

最初は夜の到着だったので、Fさんの手料理を振る舞ってもらえました。
今回の旅で行きたいところなどを聞かれ、おすすめのお店も聞いたり出来ました。
Kさんは東京で働いていたこともあるそうで、日本の文化の魅力にハマったそうです。
リビングにもいろいろと和風の小物が飾ってあって、嬉しい気持ちになりました。

翌日はバスでの1日観光ツアーに参加してサンフランシスコの町並みを満喫しました。
2日目はSさんに聞いていたサンフランシスコのおすすめのアメリカンステーキのお店に行きました。
アメリカの豪快な肉料理を堪能して最高の料理でした。

3泊はやはり短く、あっという間にSさんご夫婦ともお別れです。
最後の夜はFさんの実家で受け継がれているというサンフランシスコの郷土料理を振る舞ってもらえました。
素朴な料理ですが、魚介を使った料理で、アメリカの人のメリハリの付け方がわかったような気がしました。

今回のサンフランシスコ旅行はFさんご夫婦のおかげでとても思い出深い旅行をすることが出来ました。

数日間だけゴージャスな家を堪能したい

Airbnbという旅行先で、一般住宅に宿泊できるというサービスがあります。旅行者向けに家具類などを最初から設置した物件であり、居住性から考えていくとホテルなどと全く変わらないのです。

変わっていると言えば、ホテルよりも宿泊費用が安くなる傾向にあるため、特に大人数で旅行に行くときには必ず考慮に入れた方が良い方法となっているのです。

Airbnbを利用するには、サイトにメンバー登録し、検索欄の中にチェックインの予定日と、チェックアウトの予定日を記入します。そしてどのあたりの地域が希望なのかを入力して検索します。

すると、最適な物件がいくつも出てくるので、その中から自分の旅行プランに最も合っている宿泊先を選定していくのです。

通常の賃貸アパートや一軒家などだけでなく、高台にあるコテージや、応接間にソファーがいくつも設置されているような豪華な部屋が出てくることもあります。中にはプール付きの豪邸もあったりするので、短期間だけゴージャスに楽しもうと思ったら選択してみるのも悪くない考え方です。

プライベートの生活において体感することができないような住居で遊ぶことができるのであれば、それほど悪い選択ではないのです。複数名で旅行に行くのであれば頭数で割ればそれほど高い費用にはならないはずです。

そのような事を考えていけば、Airbnbで検索して出てくる様々な物件が利用対象になってきます。その中でも、その国でしか見ることがないような建物の形や家具類などが多くあるような建物を選択すると、印象に残る旅行になる可能性があるのです。

これまでは良さそうな家具や建物などを見ても、写真を撮るだけだったのが、実際に宿泊することが可能になるので、旅を終えた後でも強く印象に残ることになるはずです。

建物の中には、飛行機を改造した家だったり、実際に海の上に浮いている船の中が居住空間だったりするような物件があるのです。旅行で楽しむ家としては最高のアトラクションになるのです。

現地の珍しい物を堪能するためには

いくつかの国に旅行に行くようになると、その現地でしか見ないような建物があったり家具類などが目につくことがあります。

そのような珍しい物があれば、写真で納めて後で楽しむことにしていますが、できればそのような建物に住んでみたいと考える事があります。旅行先なのでホテルに宿泊することがお決まりですが、最近では一般の住宅に住めるサービスもあるのです。

それがAirbnbというサービスであり、旅行先で見るような綺麗な家や、その地域でしか見ないような家具類が置かれている部屋に数日間ですが滞在することが可能です。

映画などで見たような、シックな味わいのお部屋の中でリラックスした時間を楽しむことができるので、ある意味ホテルよりもとても楽しめるはずです。

ですが、Airbnbの宿泊料金はホテルよりも安くなる傾向にあるのです。元々は、月極で賃貸するような物件なので、それも数日間だけレンタルしているような状況になるため、ホテルよりも割安になるのは当然のことなのです。

ただ、部屋を掃除したりメンテナンスするのは、その物件のオーナーがやるべきなので、清潔に維持する事ができているオーナーであるかによって、部屋の快適度が変わってくる可能性があります。

部屋を借りたならとことん満喫するべきです。旅行などで観光地へ足を運ぶ時間が多くなりますが、それだけ出なく地元の人たちが行くような市場や、ショッピングセンターなどにも顔を出すべきです。

すると、現地の人では当たり前の事なのに旅行者にとってはショッキングな内容をいくつも目撃することができるはずです。本来の旅行の楽しみというのは、その地域の人たちが当たり前にやってることに触れることだと思います。

そのような意味でも、Airbnbを利用して現地の住宅に住むというのは大変興味深い事なのです。一般住宅に住むことになるので、近隣の住民と親しくなる可能性もあります。道を聞いたり、知らないことを訪ねていると親切にいろいろやってくれる人もいるのです。

Airbnbのおかげで楽しい妄想がとまらない

昔から憧れていたホームステイ。海外の現地のお宅で一緒に暮らす生活。旅行とは一味違った家族的な暮らしって、かなり憧れがある。しかし、上手くやっていけるのだろうか…困る事はないのだろうか…と、心配が募るばかりで勇気がなく、結局夢で終わってしまった。そんな中、よく海外の旅行番組でゲストハウスなるものを見かける。現地の人が自分の自宅を改装し、旅人を迎えると言うシステムだ。日本ではあまり見かけないが、海外では盛んなようだ。そのようなスタイルなら、今からでも挑戦できるかもしれないと、新たな希望が湧いている。そんな話を友人にしていると、勧められたのがAirbnb(エアビーアンドビー)である。これは旅行先で、その地の家を借りられるサービスとの事。かなり興味深かったので、早速Airbnbのホームページで情報収集してみた。
Airbnbは、キャッチコピーからすると、暮らすように旅するサービスのようだ。旅行期間を長めにすれば、宿泊先のホストさんや現地の人と気軽に親しくなれそうだ。世界中に友達や家族ができる感覚が味わえるなんて、なんと素敵なのだろう。ホームステイほど気構えも必要ないので、Airbnbならチャレンジできそうだ。
憧れのパリやロンドンにも、ホストの方がたくさんいる。ホスト先の情報を見ると、魅力的な部屋や家がいっぱいある。観光案内に意欲的なホストさんの紹介を見ると、すぐにでも出掛けたくなってしまう。
昔、北海道のペンションでアルバイトした事がある。その目的は、北海道で暮らしてみたかったから。その地の人と触れ、肌感覚でその魅力を感じたかったのだ。その思惑は、充分満足できる結果を得た。地元のスナックに連れて行ってもらい、思い切り生活感も感じられた。旅行者が知らないような温泉にも連れて行ってもらった。本当に貴重な体験ができたのだ。Airbnbを利用すれば、海外の憧れの場所で暮らすような感覚が味わえるであろう。北海道で感じたように、肌感覚でその地を体験できそうだ。昨年、アジア方面の海外旅行をしたが、Airbnbの事をまだ知らなかった。今度こそAirbnbで夢を実現しようと、楽しい妄想がとまらない。

サブコンテンツ

このページの先頭へ