最新情報

2016年1月23日
airbnbで借りれる素敵なrooms
airbnbで気を付けるべきこと
2015年12月2日
airbnbとは何か
ニューヨーカーな気分で泊まれる宿が多いエアビーアンドビー
2015年11月4日
airbnbに関する考察
airbnbのメリットとデメリットについて
2015年10月9日
airbnbに関する考察
Airbnbの法的根拠について考察する
2015年10月6日
airbnbとは何か
現地の方との会話が魅力的なAirbnb

airbnbで気を付けるべきこと

airbnbを利用しようと考えている人も多いと思います。本日はairbnbの物件について考察をしてみました。airbnb物件には気を付けなければいけない点がいくつかあります。まず、こうしたairbnbですが、さまざまなことに気を付けなければいけません。たとえば、こうしたairbnbですが、日本国内で利用しようと考える場合、外国人の利用者が多い地域でないと、なかなか借り手がつかないという可能性があるようです。

たとえば、物件を所有していたとしても、その物件の場所が、住宅地のなかであったり、また観光地から遠かったり、アクセスなどが不便だった場合にはいくら良い物件でも借り手などがつかない場合があります。ですので、こうした家などを貸す場合は、アクセスが良く、また観光地に近くないといけないのですね。

しかし、なかなかこんなベストな条件の土地を持っている人は少ないと思います。また、こうしたairbnbを逆に海外で利用する場合には、しっかりと条件などを見ておくことが大切です。たとえば、こうしたairbnbでのホスト側は、さまざまなルールなどを設定しておくことができるとされています。ですので、こうしたairbnbですが、さまざまなルールなどをしっかりと守っておき、そして迷惑のないように利用することが必要となります。

また、こちらのサイトは、海外のサイトになりますので、日本語でも見ることができますが、英語で契約案件を観なければいけない部分もあります。ですので、英語が分からなければ厳しい所もありますので、こうしたことも注意が必要となります。英語が苦手な人は、やめておいたほうがいいかもしれません。また、物件を借りる際にも、しっかりと選ぶことが必要ですし、アクセスの良さ等を考えて選ぶことが必要です。折角借りたのにもかかわらず、場所が分からなかったりする場合などはとても困りますよ。

ニューヨーカーな気分で泊まれる宿が多いエアビーアンドビー

エアビーアンドビーは、有数の都市にもたくさんの宿が登録しています。ニューヨークには、実に1000件ものホストがおり、8,000円前後のリーズナブルな宿泊料金で利用できる部屋が多いのが魅力的です。エアビーアンドビーは嬉しいことに、洗濯機も使えるところもあり、旅で汚れた服を綺麗に洗っては、快適に着れるのも嬉しいところです。

ニューヨークのこれらの部屋からは、魅力あるマンハッタンや高層ビルなどの夜景なども楽しめる所もあり、実にロマンチックな景色を寝ながらにして楽しむことができるのです。又、連泊すれば、ランチをその景色を見ながら食べることができたり、近くの公園をウォーキングしては楽しむということもできます。ちょっとしたニューヨーカーな気分になれるのがエアビーアンドビーの楽しみ方でもあります。

電子レンジやミキサー、鍋からキッチン用品まで取り揃えてありますから、食材は買ってきて料理を楽しんだり、ゲーム機などもあるので、テレビでゲームを楽しんだり、映画や音楽まで楽しめる部屋も借りることができるニューヨークです。

ニューヨークの部屋は実にハイセンスで格好良い寝具や家具に囲まれている部屋が多いのが特徴的です。まるまる貸し切りができる所も多く、都会にいながら屋上で水着で日光浴を楽しめたり、広いフィットネスジムで汗を流すことも可能なホストお勧めの部屋も展開しています。

ディスクとチェア、ベッドなども付いている素敵な部屋が6,000円台から泊まれる部屋も多くあるのも特徴的です。ビジネスホテルよりも温かみがあり、自分の部屋のような気分で楽しく泊まれるのも嬉しいところです。

ブルックリンでランチやディナーを食べるのもよし、アッパー湾を手を繋いで歩くのもよし、ミュージカルを楽しんだりと色々なことができるニューヨークは、何泊しても飽きさせない魅力があります。

部屋の壁にユニークな絵画が描かれている部屋や、重厚なレンガの壁がモダンな部屋には花が美しく飾られています。ブルックリンの夕日を楽しみながらワインを飲むという泊まり方もできるニューヨークのエアビーアンドビーです。

airbnbのメリットとデメリットについて

今回はairbnbのメリットとデメリットについて考察していこうと思います。これからairbnbを始め方は既に取り組んでいるairbnbホストは必見いかもしれません。ようやく日本でも認知度が上がってきたairbnbですが、まだまだメジャーな存在であるとは言えません。このサービスのことを法的に問題があるというような論点でインターネットでニュースになったことから初めて知った人も多いのではないでしょうか。今までインターネットのサービスではありそうで、なかったサービスでもあるので、これからに期待したいとは思います。

airbnbのサービスを簡単に言えば、airbnbというサイトは単なる仲介業者と言うことで、個人が個人にあいている部屋や家屋を有料で貸すということで、ホテルや旅館ではないのがミソです。世界的にサービスを展開しているので、世界中で探すことができますし、探せばびっくりするような安価に宿泊できることも多いでしょう。もちろん貸し出す側はお金を稼ぐことができることがメリットです。

ただし、デメリットの方もあることは想像がつきます。一番考えられるデメリットはこのairbnbのサービスは法的に問題がないのかどうかでしょう。日本国内のこともありますし、海外旅行で行った先ではその国の法律がairbnbのサービスについてどうなっているのか日本人には分かりにくいのは当たり前です。それぞれの国で営業行為をしているホテルなどがあるのですから、どう考えてみても、法的に単純の許されるものではないような気がします。それに営業行為に近い個人がairbnbを利用しておれば、法的なホテルの規制の網を抜けられそうです。それにairbnbのサービスを提供する方についてもそちら側の人間がいないことが多いですから、使い方や盗難などのトラブルがかなり出そうな気もします。保険などで補償するシステムがあると思いますが、出そうな問題の解決をしっかり示していかないといくら斬新で有益なサービスでも次第に見放されてしまうでしょう。

どう考えてもインターネットの時代にふさわしいのがairbnbのサービスであるのでデメリットをしっかりと解消して成長してほしいものです。

Airbnbの法的根拠について考察する

Airbnbは現在、世界中で爆発的に広がっているサービスです。airbnbは副業にもなるため注目され易いのでしょう。部屋を外国の人に貸すことで家賃収入を得られるわけです。airbnb掃除サービスといった代行サービスなどもあるので今後さらに伸びるかと思います。
後発企業であるAirbnbがこれほどの展開を見せているのには、後発なりの利を得たことも関係あるでしょう。今までにも民間の住居と宿泊需要をマッチングするサービスはあったのですが、Airbnbは2006年の創業で圧倒的なシェアを奪っています。
さらに日本ではAirbnbの勢いが他国以上に伸びているようです。
実は、個人で同じようなサービスをした英国人は旅館業法違反により、摘発されているのです。
それでもAirbnbのホスト登録するかたは爆発的に増えています。
旅館業法についてですが、「宿泊料を受けて人を宿泊させる営業行為について、都道府県知事の許可を受けなければならない」と定められています。上記の英国人のかたはこの許可を受けていなかったため、摘発されてしまったわけです。
しかし、Airbnbの登録しているホストのかたたちも、結局は同じことをしているわけです。ただ、今のところAirbnbの登録ホストが摘発された例はありません。
ここで問題なのはAirbnbの登録ホストのほとんどのかたが、旅館業法に定められた許可を受けていないということです。個人で営業すると摘発されるのに、Airbnbに登録しての営業では摘発されないわけです。
厳密に言うと、「営業」として行ってしまうと摘発の対象になるのですが、そこはグレーゾーンになっています。Airbnbに登録しているかたは個人で登録しているかたが圧倒的に多いため、司法当局としても全てのホストに「営業」として行っているかを確認することは現実的に不可能なのです。
また、Airbnbがアメリカの企業であることも摘発されない理由として挙げられるでしょう。
今までアメリカ発の企業で摘発された例はほとんどありません。やはり日本の司法当局としても、アメリカの意向は伺わざるを得ないわけです。その証拠に、欧州では国によってAirbnbへの対応が違います。禁止している国もあるのです。
日本では東京オリンピックを控えて祝発施設が足りない、と言った事情も理由の一つです。
以上により、Airbnbに登録するのは安全だと思って差し支えないでしょう。

現地の方との会話が魅力的なAirbnb

海外旅行でどこかに宿泊するとなると、ホテルもしくはAirbnbのどちらかになるでしょう。後者のAirbnbは、いわゆる個人宅を借りるタイプになります。とりわけ一戸建て物件が非常に多いのですね。
ところでAirbnbには、触れ合いに関するメリットがあります。ホテルと違って、温かみのある触れ合いが期待できるのですね。
そもそもその物件は、個人の方が提供しているのです。ホテル業の方々による物件ではありません。
その物件の予約をする段階では、必ず電子媒体でやり取りをする事になります。独自のフォームに入力をして、電子データを送信しますと、Airbnbの物件を保有者から返事が来るのですね。その際に、その保有者とのコミュニケーションが発生します。ホテルのような事務的なやり取りではなく、本当に個人の方と接するようなやり取りになるのです。
ある意味それは、Airbnbのメリットの1つとも考えられるでしょう。そもそも私達が旅行に行く目的の1つは、現地の方々との触れ合いです。外国には多くの方々が居住していますが、その方々との意思疎通も、旅行の魅力の1つだと考えられるでしょう。
予約を取った後には、もちろんAirbnbの物件を利用する事になります。その際に、その物件のオーナーの方とのやり取りが現地で直接行われる事もあるのですね。その際に、また意思疎通が可能になる訳です。
すなわちその物件を利用しますと、現地の方との生の会話ができる訳ですね。向こうの国々の方々と会話をしたい方にとっては、上記の物件に宿泊するのはとても魅力的だと言えるでしょう。
ちなみにホテルの場合は、もちろんもっとビジネスライクになります。あくまでも淡々とした事務的なやり取りになるケースがほとんどなので、必ずしも会話を楽しめるとは限らないのですね。しかしAirbnbの場合は、高確率でオーナーの方との会話が楽しめる訳です。現地の方との温かみのある会話を希望しているならば、ホテルよりはその貸し出し物件の方が良いと思う次第です。

旅の楽しみが何倍にも膨らむ、エアビーアンドビー!

先日、ラジオ番組でエアビーアンドビーが話題になっていた。そのような名前は聞いたこともなかったので何のことかと聞いていると、宿泊施設の様だった。旅行好きの私にとっては興味津々の内容だった。その放送では詳しいサービス内容が分からなかったので、早速ネットで調べてみた。
エアビーアンドビーの公式ホームページをみつけ開くと、旅気分が高鳴るような画像の数々が目に飛び込んで来た。日本のみならず世界規模の宿泊サービスで、それは全く新しいスタイルだった。従来から海外では、自宅を改装して宿泊業で生計を立てている人が多く、そのような生業は日本とは違い盛んになっていた。エアビーアンドビーは、それらの施設をネットで一元管理するサービスなのだ。従来から世界各地にあった家庭的な宿泊施設はじめ、新たにそれらを行うホストさんも同時募集している。また、空き家や空施設を宿泊施設として再利用する動きもあるようだ。
とにかくエアビーアンドビーの魅力は、ホームページにも書かれてあるように「暮らすように旅する」という事につきると思う。実際に泊まれる施設を見ると、施設的にはホテルのような部屋もあるし、自宅のような部屋もある。それぞれに個性があるのが特徴で、またホストさんのサービスや共同のスペースなどもある。エアビーアンドビーにある施設と普通の宿泊施設との大きな違いは、より家庭的な雰囲気が楽しめると言うことであろう。それが、暮らすように旅するということになるのだろう。施設の中には、一軒まるごと借りられる豪華なものも多い。少々費用はかかるが、それでも日本の高級旅館よりも安い価格が多い。
バリ島に何度も旅しているので、試しにバリの施設をのぞいてみた。バリの宿は、そもそもお洒落な雰囲気が多いのでそれほど驚きはしなかったが、それにしても素敵だ。プール付きが普通なくらいだ。しかも安い。旅した際には現地で交渉して、家庭的な宿に安く泊まったことがあるが、エアビーアンドビーを使えばそれと同等の価格でもっと豪華な宿に泊まれそうだ。ホストさんとの触れ合いも気になるところ。エアビーアンドビーなら、旅の楽しみが何倍にも膨らむだろう。

Airbnb(エアビーアンドビー)について考えてみました。

Airbnb(エアビーアンドビー)というものを見聞きすることが増えてきたように思います。詳しいことはわからないのですが、旅行者が一般住宅を借りて宿泊することができるサービスのことだととらえています。ビッグイベントのようなものがあって、ホテルなどが満員で泊まることができないような場合に、Airbnb(エアビーアンドビー)を利用するなどという話が掲載されていたように記憶しています(違ったかもしれませんが)。
旅行に行ったときに、現地の人の家に泊まるというのは、その土地の文化も学ぶことができてよいと思いますし、その旅行が海外旅行ということであれば、なおさらそういう面がありますよね。その土地の人と触れ合い、その土地の人たちが食べている食事を共にしたり、生活習慣の違いを感じたりすることができるよい機会になるのではないかと思うのです。でも、Airbnb(エアビーアンドビー)の場合は、もしかしたらその辺りは少し違うのかもしれませんね。詳しく調べていないのに語っていますが、Airbnb(エアビーアンドビー)は、おそらく、使っていない部屋とか家を貸すということではないでしょうか。つまり、そこには住民がいないので、現地の人と触れ合うということはないのではないかととらえています。ちょうど留守にしているから、その間だけ人に貸そうという感じだったり、空いているアパートの部屋を遊ばせておくのももったいないから、観光客や旅行者に貸すことにしようということなのではないのでしょうか。現地の人と触れ合いたいなら、そういう宿泊先を見つければいいのでしょうし、ただ安く泊まりたいということなら、Airbnb(エアビーアンドビー)を利用するということなのだと思っています。
これだけ話題になっているということは、たくさんの人が利用しているサービスであるということなのでしょうね。Airbnb(エアビーアンドビー)のホームページを見てみると、お城やヴィラを借りることもできるなどと記載されています。お城は1,400とありますから、お値段にもよりますが、泊まれるなら泊まってみたいものです。大人数で割れば、泊まれないこともないのかもしれません。

現地の建物を借り受けることができる

旅行する楽しみ方は人それぞれ違ってきますが、観光地を巡りこれまで見たことがないような建物や芸術作品に感動したいと考えている人や、スポーツ施設やアミューズメントパークなどを堪能したいと考えている人もいるはずです。

このような、現地で楽しむアトラクションを目標に旅行をする人が大半ですが、もう一つ宿泊施設に目を向けると新しい発見があります。

日本では何度も聞く言葉ではありませんがAirbnbというシステムがあります。これは、賃貸住宅を所有しているオーナーが、旅行者向けに短期的に不動産を貸し出すスタイルになります。

現地で借りることが出来るアパートや一戸建て住宅などが、旅行をする数日間だけ借りたりすることが可能になるのです。旅行の期日が決まったら、その期間だけ貸し出してくれるかどうか交渉するのです。

その物件の詳細については、ネットですべて閲覧する事が出来るようになっています。そしてもう一つ大事なのが物件を所有しているオーナーがどのような人柄であるかどうかです。

これまでにAirbnbにて貸し出した物件の情報や、実際にその物件を借り受けた人のレビューが大量に掲載されており、その内容を閲覧する事によって信頼できるオーナーであるかどうかが分かるのです。

そして、早い段階で予約をしておきその物件を中心に旅行プランを計画していくことが可能になります。何度も海外旅行に行くチャンスが無いのであれば、通常のホテルやアパートなどのようなありがちな物件を借りるのではなく、プール付きの一戸建てなどの違ったスタイルを選ぶことも1つの考え方です。

旅行をする際に、地域の人たちが住んでいる住宅を見ることがあります。住み心地がどのような状態なのか気になる事がありますが、そのような住宅を借りることが可能になるのです。

なので、旅行先のパンフレットなどをチェックしていると、気になる建物があれば、その建物がAirbnbにて借り受けることが可能であるかどうかを探してみることです。

のんびりゆっくりバリを楽しみたいならAirbnbが良さそう

一度は行ってみたいなと思うのがバリ島です。ガムラン音楽を聞いたりしていると、とても気持ちが良いのでバリの自然の中でこういった音楽を聞いてみたいなって思うのです。
でも観光化されているので有名リゾート地のホテルなんかはとっても高いそうですね。テレビでバリのホテルを紹介していましたが、1つ1つ独立したコテージになっていてプールがついているお部屋は一泊朝食つきで11万円でした。このお値段なら夕食もついていて欲しい。
それだけ調度品もきれいで、ゆっくりくつろげるお部屋である事は間違いありませんが、そうそう何泊もできませんよね。ホテル代と同じくらいの旅行代金のツアーもあるくらいです。
でもツアーだと慌しいし、ゆっくりバリを堪能出来ない気がします。
バリでは神様と人との生活がとても密接で、朝起きたら神様の像のところに花などをお供えするのだそうです。そういった生活を見てみたいんです。
そういう人の生活を感じるのにとても良いのがAirbnb(エアビーアンドビー)なのだそうです。家に泊めてもらえるので、バリの人がどんな生活習慣があるかとか、家ではどんな生活をしているのかを体験できます。
Airbnbのサイトで泊まりたい家を探せるので、伝統的なお家が良いと思えばそういったところに泊まれるし、料理上手なお母さんがいるところがいいと思ったら希望が叶えられます。バリの家庭料理というのも美味しそうですね。
それに何より安いので、ゆっくり長く旅を楽しみたい場合には最適です。安いホテルに泊まるよりも、そういった一般家庭に泊めてもらったほうが何かと安心できますね。
泊まった人が口コミをサイトに載せているのも、安心して宿選びができる要因となっています。
バリのベストシーズンは雨が少ない4月~10月くらいだそうですが、すごい雨というのも体験してみたいな。まあマリンスポーツをするのなら乾季が良いと思うのですが、雨のバリってまた素敵な気がします。

素晴らしい体験ができるサービス

Airbnbは今までよりも海外旅行を日常生活レベルで楽しむことができる便利なサービスです。
Airbnbを利用して、一般の家に宿泊することによって、普段の現地の生活を体験することができるのは大きな魅力です。

また、現地の人たちとより密に交流できますので、とても素晴らしい体験をすることができるでしょう。
海外旅行は異文化に触れる大きな機会です。

単なる海外旅行ツアーなどでは、訪れた国の表面しか見ることができないかもしれません。
それよりもさらに一歩踏み込んだ体験ができるのも、Airbnbを利用するのは大きな魅力です。

Airbnbはウェブサービスですので、世界各地から利用することができます。
世界中を旅してみたい人にも気軽に宿泊先を決めることができて、とても便利なサービスです。

旅行の楽しみは現地の人との触れあいやその土地ならではの美味しい食べ物でしょう。
普段の旅行ではホテルの食事がメインになってしまいますので、なかなか現地の人の普段の食事を味わうことはできないかもしれません。

ガイドブックには載っていない隠れたB級グルメを発掘することができるかもしれません。
Airbnbを上手く活用すれば、さまざまな可能性を感じさせてくれます。

また、世界中の人たちに自分が住んでいる街や国の良さをもっとアピールしたい人にもAirbnbはお勧めです。
世界中からいろいろな旅行者が泊まりに来ます。

自分が住んでいる街や国を紹介するだけでなく、ゲストの住んでいる場所をしることができて、さらにワクワク感が広がっていくことでしょう。
世界中の人たちがもっと身近で気軽に交流できる機会を作ってくれるのが、Airbnbのシステムだとも言えるでしょう。

このAirbnbの素晴らしいシステムを上手く活用して、自分らしい素敵な旅を実現しましょう。
そして世界各地の人たちに心地良い宿泊先を提供して、もっと自国の良さをしってもらいましょう。

世界中の人たちとの素敵な出会いとさまざまな体験が、さらに人生を素晴らしいものにして、もっと輝いていくことでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ